カリフォルニアの銃乱射はISIS関与?!

カリフォルニア州サンバーナディーノの福祉施設であった銃撃事件で、FBIのロサンゼルス支部幹部は4日に記者会見を開き、「テロ事件として捜査している」と、テロと断定していることがわかったみたいです。

 

というのも、警察に射殺された容疑者夫婦が大量の武器などを準備していたことや、攻撃に計画性があり、妻がインターネットでイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に忠誠を誓っていた可能性があることがわかっているからとか。うーん、イスラム国に忠誠を誓っている人、きっと日本にもいるでしょうね。

 

メディアは、マリク容疑者がフェイスブックでイスラム国の指導者、バグダーディ容疑者に忠誠を誓う内容の投稿をしていたとしていて、ファルーク容疑者もイスラム過激派と連絡を取っていた形跡があるそう。さらイスラム国は5日、運営するラジオ局アルバヤンで「イスラム国の支持者2人が14人を射殺したと放送しているそうで、やっぱりイスラム国関与のテロだったんですね。うーん、ホワイトハウスは無理だからって、カリフォルニアの郊外にしたのかな?日本でもやはり警戒は必要ですね。